はたろーラグビーコーナー
123
2019/07/19new

タックル

| by 職員室
今日は、タックルについて説明するポン!

タックルとは、ラグビーの基本プレーの1つだポン!
相手選手に体当たりをして、ボールを奪ったり、相手を止めたりするプレーだポン。
迫力満点でラグビーの見所のひとつだポン!!!

16:00
2019/07/18new

ラグビーのルール

| by 職員室
今日は、ラグビーの基本的なルールを紹介するポン!

ラグビーでは、ラン(走る)、パス(投げる)、キック(蹴る)のプレーをしながら、トライを目指してボールを前へ進めていくポン。その中でも、パスに関するルールが特徴的だポン。
ラグビーでは、自分より前にいる味方にパスをしてはダメなんだポン!!
自分の横か後ろの味方にパスをしながら、相手をかわして前に進んでいくんだポン。

16:00
2019/07/17new

世界のラグビー3

| by 職員室
今日は、ラグビーの種類について説明するポン!

ラグビーは、大きく分けて4種類あるポン!
ラグビーユニオン(15人制)
ラグビーリーグ(13人制)
セブンズ(7人制)
ジュニアラグビー(12人制)

ラグビーユニオンは、ワールドカップが行われるラグビーで、世界的にも人気があるラグビーだポン!大幡小が観戦に行く試合もラグビーユニオンだポン。
ラグビーリーグは、海外で人気のラグビーだポン!人数が少ない分、スピーディーな試合展開が面白いポン。
セブンズは、オリンピックに採用されているラグビーだポン!15人制と同じグラウンドで行うため、一人の運動量がとても多いポン。
ジュニアラグビーは、中学生が行うラグビーだポン!ポジションが3つに分類されていて、フォワード、バックスのほかにハーフバックがあるポン。

一言にラグビーといっても色々あるんだポン。
16:00
2019/07/16new

世界のラグビー2

| by 職員室
今日は、世界のラグビーのランキングを紹介するポン!

トップ10は、この国だポン!!!
1位  ニュージーランド
2位  ウェールズ
3位  アイルランド
4位  イングランド
5位  南アフリカ
6位  オーストラリア
7位  スコットランド
8位  フランス
9位  フィジー
10位 アルゼンチン

ちなみに、日本代表は11位だポン!
大幡小が試合観戦をするジョージアは12位、ウルグアイは16位だポン!
16:00
2019/07/12

世界のラグビー1

| by 職員室
今日は、ラグビーの競技人口について紹介するポン!

2018年のデータによると、ラグビーは世界123ヶ国で行われており、競技人口は約960万人もいるポン!!
日本のラグビーの競技人口は、29万人だポン。人口が約1.3億人なので、500人に1人(約0.2%の人)がラグビーをしていることになるポン!

ちなみに、ラグビーの競技人口が一番多い国はイングランドで、211万人だポン。イングランドでは、26人に1人がラグビーをしているポン!!!
大幡小で考えると、1クラスに1人がラグビーをしていることになるポン。


日本ももっとラグビーを盛り上げていこうだポン!!!
16:00
2019/07/11

ラグビーのポジション3

| by 職員室
今日は、BK(バックス)について解説するポン!
バックスには、5種類のポジションがあるポン。

SH(スクラムハーフ) 背番号9 動物にたとえると「サル」
FWとBKのつなぎ役だポン!小柄な選手が多いポン。

SO(スタンドオフ) 背番号10 動物にたとえると「人間」
司令塔だポン!攻撃の起点となり、BKを統率するポジションだポン。

WTB(ウイング) 背番11,14 動物にたとえると「チーター」
トライをたくさん取りにいくポン!足の速い選手が多いポン。

CTB(センター) 背番号12,13 動物にたとえると「トラ」
攻撃のときに突破口を開くポン!ディフェンスのときは、タックルのパワーも必要だポン。

FB(フルバック) 背番号15 動物にたとえると「タカ」
最後の砦だポン!最後尾で相手を見ながらチームをコントロールするポン。タックル力やキックの正確さも求められるポン。

バックスは、パワーだけでなく足も速い選手が多いポン!
15人の選手がそれぞれの役割を果たしながらプレーしているのがわかったポン!!
16:00
2019/07/10

ラグビーのポジション2

| by 職員室
今日は、FW(フォワード)について解説するポン!
フォワードには、5種類のポジションがあるポン。

PR(プロップ) 背番号1,3 動物にたとえると「ゾウ」
最前線でスクラムを組むポン!がっしりした体形の選手が多いポン。

HO(フッカー) 背番号2 動物にたとえると「イノシシ」
スクラムの要だポン!スクラムの時にはボールを足でかき出すポン。

LO(ロック) 背番号4,5 動物にたとえると「キリン」
ラインアウト(サッカーで言うとスローインのこと)のときにジャンプするポン!長身の選手が多いポン。

FL(フランカー) 背番号6,7 動物にたとえると「ゴリラ」
運動量が多いポジションだポン!パワーだけでなく、走力も必要だポン。

No.8(ナンバーエイト) 背番号8 動物にたとえると「ライオン」
FWの最後尾でFWをコントロールするポン!攻守の要となり、パワー、走力など高い能力が求められるポジションだポン。

フォワードは、体が大きくパワーのある選手が多いポン!
16:00
2019/07/09

ラグビーのポジション1

| by 職員室
今日は、ラグビーのポジションについて、説明するポン!

ラグビーは、1チーム15人で行うスポーツだポン!
その中で、ラグビーのポジションは大きく分けて、フォワードと呼ばれる8人とバックスと呼ばれる7人に分かれるポン。
フォワードは、スクラムを組む力持ちの8人だポン!
バックスは、スクラムの後ろでトライを狙う7人だポン!

次は、各ポジションについて細かく解説していくポン!!!
16:00
2019/07/08

ラグビーの精神2

| by 職員室
今日は、ラグビーで大事なもう一つの精神を紹介するポン!

「No side」だポン!!!
ノーサイドとは、試合が終わったら敵味方関係なく、お互いをたたえあうという精神だポン。
日本では、試合終了の意味でも使われているポン!

何事もノーサイドの精神で取り組んでいこうポン!!!
16:00
2019/07/05

ラグビーの精神1

| by 職員室
今日は、ラグビーで大事な精神を紹介するポン!

「One for All,All for One」だポン!!!
日本語だと「1人はみんなのために、みんなは1人のために」だポン。
ラグビーは一人でなく、チームのみんなで戦うスポーツなので、この精神がとても大切だポン!

大幡小もこの精神を大切にしていこうポン!!!
16:00
123